後継者探しのご相談はこちら

フリーコール

0120-15-7207

受付時間:平日10:00〜19:00

  1. M&A・事業承継なら事業承継総合センター
  2. 50歳から考える事業承継

リクルートの後継者探し・買手企業様探しサービス

5年先のために

"50歳"から考える事業承継

承継先探しや企業価値算出など
事業承継を総合サポートをします

事業承継には
5年先を見据えた
準備が必要です

事業承継には5年〜10年を要するとされていますが、着手を先送りしたために後継者を確保できなかったというケースも多く発生しています。
企業価値が高いタイミングですることが重要となるため、早く考え始めることが会社や従業員の幸せにつながります。
下のグラフのように、60歳以上で事業承継を経験した経営者の40%以上がもっと早く事業承継をすれば良かったと考えています。

事業承継のタイミングについて(経営者年齢別)

もっと遅い時期のほうが良かった ちょうどいい時期だった もっと早い時期のほうが良かった

※中小企業庁「事業引き継ぎハンドブック」参考

ポイント

事業承継は早期の検討が大切です

事業承継時には
どんな選択肢があるの?

事業承継を検討する際には、下図のように大きく4つの選択肢が存在します。
一昔前は、殆どの中小企業では親族、もしくは社長の右腕のような社員に引き継ぐことがメジャーな方法でした。時代や状況の移り変わりに伴い、事業承継のスタイルも変わってきています。

代表的な承継手段
親族内承継

内外の関係者から心情的に受け入れやすい

親族に高い経営スキルが求められる

従業員への承継

本当に実力がある人を登用できる

従業員に資金力が必要な場合が多い

M&A

経営者の個人保証がなくなるケースが多い

想定していた価格で譲渡できない場合がある

廃業

従業員を解雇しないといけない

手元に残るお金が他の承継手段と比べて少ない

どういった選択肢選ばれているの?

親族内承継減少傾向

キャリアの多様化などもあり、従来は主流であった息子や娘への「親族内承継」は減少し、他の承継手段を選ばれる経営者も増えています。

事業承継からの経過年数別の承継方法の推移

もっと遅い時期のほうが良かった ちょうどいい時期だった もっと早い時期のほうが良かった

※参考:経済産業省「事業承継に関する現状と課題(平成28年4月)」に基づき再編・作成

M&Aを活用した事業承継は年々増加

他方、現経営者にとっても様々なメリットのある友好的なM&Aが選ばれるケースが年々増加しています。

M&Aの引継ぎ件数の累計数

もっと遅い時期のほうが良かった ちょうどいい時期だった もっと早い時期のほうが良かった

※引用:経済産業省「事業承継ガイドライン」18頁
「事業引継ぎ⽀援センターによるM&Aでの事業引継ぎ件数」よりM&Aの引継ぎ件数の累計数に基づき作成

ポイント

親族や従業員への承継と並び、
M&A身近な選択肢として選ばれるようになってきました

M&A早めの検討がポイント

M&Aは、「買手」というお相手がいてはじめて成立する結婚のようなものです。お相手探しや条件調整などに長い時間がかかることも。客観的な企業価値を早期から知っておくなど、M&Aには余裕を持った検討が大切です。

余裕をもってM&Aの
検討をしていた人

M&Aには時間がかかるため、あらかじめ手順やポイントがわかった。

買手が見つかるかどうかということはタイミングも有るため、ある程度時間をとって検討できた。

直前になってM&Aを
検討した人

病気で急遽M&Aをすることが決まったので、相手を入念に選んでいる時間がなかった。

スピード優先だったので、「仲介会社」や「買手企業」を選ぶ余裕がなかった。

「企業価値」を知ることが
M&Aの第一歩

企業価値については様々な考え方がありますが、事業承継総合センターでは検討に有用な価値を知るためには、財務的な価値だけでなく、他企業からの評価が必要だと考えております。

企業価値

  • 財務的な価値
    決算書から計算される財務的な価値

    算出方法により様々なアプローチが存在する。

  • 他企業からの価値
    買手企業から見た時の評価

    例)どうしても「東京の焼肉屋がほしい」買手は、財務価値以上の価値で買収する。

事業承継総合センターに登録すると
他企業からの評価がわかります

M&Aを検討するためには、他企業から見た会社の価値を知ることが大切です。
事業承継総合センターに登録すると他企業から見た価値や買手候補企業を知ることができます。

事業承継総合センターの仕組み

どうして他企業からの評価がわかるの?

  • ステップ.1

    会社概要に関する情報をご登録頂きます。 ※会社が特定される情報は、外部には公表されません。

  • ステップ.2

    買手候補企業からの注目度や、 貴社に興味を持っている買手候補企業が確認できます。

  • ステップ.3

    気になる買手候補企業があれば、実際に商談に進めることができます。

事業承継総合センターの
ご利用方法

1

下記のお問い合わせフォームもしくはお電話で
ご連絡ください。

※当社は、財団法人日本情報処理開発協会のプライバシーマーク認定事業者です。
お預かりした情報は管理を厳重に行い、許可なく第三者に伝えることはございません。

家族や従業員には相談を知られたくない

ご家族も含めお問い合わせいただいた社長様以外には一切の情報をお伝えいたしません。
ご登録には個人の携帯番号やメールアドレスのご利用をおすすめしております。

2

弊社から利用確認のご連絡をさせていただきます。

お困りごとや、事業承継を検討される上でのご要望などをお伺いいたします。
電話、メール、ファックスなどのご希望の連絡方法、お時間帯にご連絡をさせていただきます。

連絡は利用確認のための1回のみです

私どもからの連絡は、利用確認の際にさせていただく一回のみです。
ご希望がなければ何度も連絡をすることはございませんので、安心してご利用ください。

3

ご希望の方には、会社の価値やM&Aという選択肢の有無をお調べし、最適な承継手段の検討に必要な情報を提供いたします。

貴社に興味を持った買手候補企業がいた場合、弊社からご連絡をいたします。
その際に「どこの会社」が「どこに興味を持ち」「いくらぐらいで買いたいか?」という情報が入手できます。

会社名が出回ってしまう心配はありません

買手企業候補には会社が特定できる内容を伏せて情報をお伝えします。

お問い合わせ

秘密厳守・ご相談は無料です

※全角

※半角

※半角英数

プライバシーポリシー

個人情報

株式会社リクルートは、情報誌、インターネット、モバイル、さらにはイベントやカウンターサービスなど多様なメディアを活用し、人生・生活のさまざまなシーンにおいて、企業や個人の「まだ、ここにない、出会い。」の場を提供しています。当社では事業運営上多くのお客様や従業者の個人情報を取扱うこととなるため、当社倫理綱領に基づいて本方針を定め、個人情報管理体制を確立し、企業として責任ある対応を実現するものとします。

方針1. 個人情報の利用の目的をできる限り特定し、当該目的の達成に必要な範囲内で適切に取扱います。また、目的外利用を行なわないための措置を講じます。
方針2. 個人情報は、適法かつ適正な方法で取得します。
方針3. 個人情報は、本人の同意なく第三者に提供しません。
方針4. 個人情報の管理にあたっては、漏洩・滅失・毀損の防止及び是正、その他の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じるよう努めます。
方針5. 個人情報の取扱いにあたっては、その情報を提供した本人が適切に関与し得るよう努め、可能な限り正確かつ最新の内容に保つよう努力します。
方針6. 個人情報保護に関する法令を遵守し、また個人情報保護に関する社内規程を定め、継続的な見直しを行い遵守します。
方針7. 個人情報保護に関する苦情及び相談に対応する窓口を設けて、適切に対応するよう努めます。

株式会社リクルート
代表取締役社長 北村 吉弘

(附則)
2002年04月17日制定・施行
2003年04月02日改定
2004年04月01日改定
2005年12月15日改定
2007年06月06日改定
2008年03月05日改定

※当社は「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。

個人情報の取扱いについて

株式会社リクルート(以下「当社」といいます)は、当プライバシーポリシーを掲示し、当プライバシーポリシーに準拠して提供されるサービス(以下「本サービス」といいます)の利用企業・提携企業・団体等(以下「利用企業等」といいます)および本サービスをご利用になる方(以下「ユーザー」といいます)のプライバシーを尊重し、ユーザーの個人情報(以下の定義に従います)の管理に細心の注意を払い、これを取扱うものとします。

個人情報

個人情報とは、ユーザー個人に関する情報であって、当該情報を構成する氏名、住所、電話番号、メールアドレス、学校名その他の記述等により当該ユーザーを識別できるものをいいます。また、その情報のみでは識別できない場合でも、他の情報と容易に照合することができ、結果的にユーザー個人を識別できるものも個人情報に含まれます。

個人情報の利用目的

個人情報の利用目的は以下の通りです。利用目的を超えて利用することはありません。
A.ユーザーの個人認証及びユーザー向け本サービスの提供
B.本サービスの利用に伴う連絡・メールマガジン・DM・各種お知らせ等の配信・送付
C.ユーザーの承諾・申込みに基づく、本サービス利用企業等への個人情報の提供
D.属性情報・端末情報・位置情報・行動履歴等に基づく広告・コンテンツ等の配信・表示、本サービスの提供
E.本サービスの改善・新規サービスの開発およびマーケティング
F.キャンペーン・アンケート・モニター・取材等の実施
G.空メール送信者に対するURL情報の配信
H.本サービスに関するご意見、お問い合わせ、クチコミ投稿内容の確認・回答
I.利用規約等で禁じている、商用・転用目的での各種申込行為、各種多重申込、権利譲渡、虚偽情報登録などの調査と、それに基づく当該申込内容の詳細確認

個人情報の第三者への提供

当社は、原則として、ユーザーご本人の同意を得ずに個人情報を第三者に提供しません。提供先・提供情報内容を特定したうえで、ユーザーの同意を得た場合に限り提供します。ただし、以下の場合は、関係法令に反しない範囲で、ユーザーの同意なく個人情報を提供することがあります。
A.ユーザーが第三者に不利益を及ぼすと判断した場合
B.公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ユーザーご本人の承諾を得ることが困難である場合
C.国の機関若しくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合で、ユーザーご本人の同意を得ることによりその事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
D.裁判所、検察庁、警察またはこれらに準じた権限を有する機関から、個人情報についての開示を求められた場合
E.ユーザーご本人から明示的に第三者への開示または提供を求められた場合
F.法令により開示または提供が許容されている場合
G.合併その他の事由による事業の承継に伴い個人情報を提供する場合であって、承継前の利用目的の範囲で取り扱われる場合

第三者提供に関する免責事項

以下の場合は、第三者による個人情報の取得に関し、当社は何らの責任を負いません。
A.ユーザー自らが本サービスの機能または別の手段を用いて利用企業等に個人情報を明らかにする場合(なお、利用企業等における個人情報の取扱いについては、各利用企業に直接お問合せください)
B.本サービスに入力した情報により、期せずして本人が特定できてしまった場合
C.本サービスからリンクされる外部サイトにおいて、ユーザーより個人情報が提供され、またそれが利用された場合
D.ユーザー本人以外がユーザー個人を識別できる情報(ID・パスワード等)を入手した場合

個人情報処理の外部委託

当社は、個人情報取扱い業務の一部または全部を外部委託することがあります。なお、委託先における個人情報の取扱いについては当社が責任を負います。

統計処理されたデータの利用

当社は、提供を受けた個人情報をもとに、個人を特定できないよう加工した統計データを作成することがあります。個人を特定できない統計データについては、当社は何ら制限なく利用することができるものとします。

個人情報の変更等

原則としてユーザー本人に限り、「個人情報の利用目的」の通知、登録した個人情報の開示、訂正、追加または削除、利用停止、ならびに第三者への提供の停止(以下「個人情報の変更等」といいます)を求めることができるものとします。具体的な方法については下記の個人情報管理の問い合わせ先にご連絡ください。ただし、以下の場合は個人情報の変更等に応じないことがあります。
A.ユーザー本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利・利益を害するおそれがある場合
B.本サービスの適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
C.他の法令に違反することとなる場合
なお、当該個人情報の変更等に多額の費用を要する場合、その他の、個人情報の変更等を行うことが困難な場合であって、ユーザーの権利・利益を保護するため必要なこれに代わるべき措置をとるときは、個人情報の変更等に応じないことがあります。

個人情報の正確性

当社は、ご提供いただいた個人情報を正確にデータ処理するように努めます。ただし、ご提供いただいた個人情報の内容が正確かつ最新であることについては、ユーザーが責任を負うものとします。

機微な個人情報の取得制限

当社は、次に示す内容を含む個人情報の取得は原則として行いません。ただし、ユーザーが自ら提供した場合は、この限りではありません。
A.思想、信条及び宗教に関する事項
B.人種、民族、門地、本籍地(所在都道府県に関する情報を除く)、身体・精神障害、犯罪歴、その他社会的差別の原因となる事項
C.勤労者の団結権、団体交渉及びその他団体行動の行為に関する事項
D.集団示威行為への参加、請願権の行使、及びその他政治的権利の行使に関する事項
E.保健医療及び性生活

本人確認について

当社は、個人情報の開示、訂正、削除もしくは利用停止の求めに応じる場合など、個人を識別できる情報(氏名、住所、電話番号、生年月日、メールアドレス、会員番号、パスワードなど)により、本人であることを確認します。ただし、本人以外が個人を識別できる情報を入手し使用した場合、当社は責任を負いません。

属性情報・端末情報・位置情報・行動履歴等の取得及び利用について

属性情報・端末情報・位置情報・行動履歴等(以下「行動履歴等」といいます)のうちCookie等について
リクルートホールディングスは、ユーザーのプライバシーの保護、利便性の向上、広告の配信および統計データの取得のため、Cookieを使用します。また、CookieやJavaScript等の技術を利用して、ご提供いただいた情報のうち、年齢や性別、職業、居住地域など個人が特定できない属性情報(組み合わせることによっても個人が特定できないものに限られます)や端末情報、本サービスサイト内におけるユーザーの行動履歴(アクセスしたURL、コンテンツ、参照順等)およびスマートフォン等利用時の、ユーザーの承諾・申込みに基づく位置情報を取得することがあります。ただし、Cookie及び行動履歴等には個人情報は一切含まれません。

行動履歴等のうち以下の場合のアクセスログ等について
当社はユーザーがログインして本サービスを利用した場合には、個人を特定したうえで、当該ログイン以前からの行動履歴等を用いて、広告・コンテンツ等の配信・表示および本サービスの提供をする場合があります。こちらの広告等の配信停止については、下記の個人情報管理の問い合わせ先にご連絡ください。

個人情報管理責任者

株式会社リクルート 次世代事業開発室 室長
個人情報に関するお問い合わせはこちら

プライバシーポリシーの変更

当社は、法令等の定めがある場合を除き、プライバシーポリシーを随時変更することができるものとします。

よくあるご質問

相談した内容は公開されてしまうのでしょうか?
当社は、財団法人日本情報処理開発協会のプライバシーマーク認定事業者です。お預かりした情報は管理を厳重に行い、許可なく第三者に伝えることはございません。
今すぐに後継者を決めるわけではないのですが、情報収集のために相談をしてもかまいませんか?
もちろん結構です。承継の計画を立て、より良いタイミングを見つけていただくことができれば幸いです。

その他のご質問

ご相談・着手金は無料です

後継者探し
事業承継総合センター
ご相談ください!

第三者承継のお手伝いをいたします。

まずは相談する 無料

お電話でのご相談

フリーコール

0120-15-7207

(FAX:03-5539-3514)

受付時間:平日10:00〜19:00