オーナー社長のための事業承継総合センターオーナー社長のための事業承継総合センター

後継者探しのご相談はこちら

フリーコール

0120-15-7207

受付時間:平日10:00〜19:00

事業承継イメージ画像 事業承継イメージ画像

リクルートの後継者探し・買手企業様探しサービス

後継者探しM&Aに困ったら
事業承継総合センター
ご相談ください

事業承継総合センターが
選ばれる理由

  • 買手リスト
    8,000件比較

    約8,000件の買手リストで
    最適なマッチングを
    探すことができます!

  • 数十社のM&A
    仲介会社の比較が可能

    数十社のM&A仲介会社を比較、
    あなたに最適なM&A仲介会社を
    探すことができます!

  • 着手金なし
    成果報酬

    安心の着手金0円!
    業界最低水準の手数料で、
    成果報酬にて取引が可能です。

  • 品質の高い
    M&A会社様と連携

    品質条件を満たす
    M&A会社様とのみ提携することで、
    サービス品質を担保します。

事業承継総合センターの
ご利用は無料

事業承継総合センターのサービス利用は無料※1であり、売主様はM&A成立時に連携M&A仲介会社に手数料をお支払い頂きます。

※1=事業承継総合センターでは、連携M&A仲介会社から成功報酬手数料の一部を報酬として頂いているため、売主様へのサービス利用は無料とさせて頂いております。尚、事業承継総合センター経由で、M&A業務をご依頼されても、手数料が高くなることはありません。

仕組み

料金について詳しく見る

事業承継時には
どんな選択肢があるの?

事業承継を検討する際には、下図のように大きく4つの選択肢が存在します。
一昔前は、殆どの中小企業では親族、もしくは社長の右腕のような社員に引き継ぐことがメジャーな方法でした。時代や状況の移り変わりに伴い、事業承継のスタイルも変わってきています。

親族内承継 従業員への承継 M&A 廃業 親族内承継 従業員への承継 M&A 廃業

事業承継の選択肢を見る

売主様に安心頂くための
M&Aサービスの3つの特徴

「後継者問題の解決」「従業員雇用の維持」「創業者利益を得られる」という理由から、M&Aによる承継が増えています。しかし、仲介会社とのトラブルなどにより、うまく進まないケースも・・・。
事業承継総合センターではM&Aの品質担保や売主様に安心いただける様々な取り組みを行っています。

  • 特徴1

    仲介会社及び、
    買手企業の
    比較検討ができる

    M&Aの品質担保のための3つの特徴 イメージ画像1
  • 特徴2

    M&Aの品質
    担保するための
    仕組み

    M&Aの品質担保のための3つの特徴 イメージ画像2
  • 特徴3

    着手金無料・
    成果報酬

    取引ができる

    M&Aの品質担保のための3つの特徴 イメージ画像3

M&Aサービスを詳しく見る

1

M&Aサービス強み

事業承継型M&Aに関する問題を解決し
売主様安心できるようサポートします

M&Aは、徐々に中小企業のオーナー社長にとって一般的になってきましたが、M&A経験のない売主様が不利な状況に置かれることもあります。また、一部では「着手金を支払ったのに、買手を紹介されない」「強引にM&Aをさせられた」といったトラブルも発生しています。
事業承継総合センターは、このような状況やトラブルを解消するために、M&Aの品質基準を満たすM&A仲介会社と連携し、売主様に寄り添い、安心して事業承継を進められるサポートをさせていただきます。

2

M&A品質担保
仕組み

M&Aには、高度なM&A知識や過去の経験が重要なため、プロのM&Aコンサルタントが必要です。
事業承継総合センターでは、経験豊富なM&A仲介会社様のみと提携を実施させていただいております。
また、提携M&A仲介会社様には基本的に以下の条件に同意いただいております。

3

着手金がなく、業界最低水準の
手数料で
ご利用ができます

事業承継総合センターのサービスをご利用の際に、連携M&A仲介会社に「着手金」をお支払い頂く必要はございません。M&A取引が成立した際に、連携M&A仲介会社にお支払い頂く成果報酬の最低保証料金は500万円になります。尚、連携M&A仲介会社にお支払い頂くM&A手数料の計算方法は、負債を含む「移動総資産」ではなく「M&A取引価格」を対象としているため、業界最低水準の料金体系を実現しています。

M&A仲介会社 Aとの最低成果報酬の比較

M&A仲介会社 Aとの最低成果報酬の比較

手数料の計算方法の比較

手数料の計算方法の比較

当社強みまとめ

従来M&Aにおける売り手の不
  • 情報の非対称性

    • どんな買手が良いかわからない
    • 仲介会社の良さ/得意領域を知らない
  • 品質への不安

    • M&Aがよく分からない中での専任契約
    • 仲介会社がちゃんとしてくれるか不安
  • 金銭面での懸念

    • 買手が見つかるかわからない中での着手金数百万は高い
    • 最低報酬が高すぎる(約2,000万)
提供価値
  • 情報開示

    • 様々な買手/仲介会社の比較を行い、最適な仲介会社をご紹介
  • 品質管理

    • リクルートが仲介業務の品質管理を実施
  • 相談しやすい料金体系

    • 着手金不要
    • 成果報酬が約500万円から

まずは相談する 無料

お電話でのご相談

フリーコール

0120-15-7207

(FAX:03-5539-3514)

受付時間:平日10:00〜19:00

サービスの流れ

事業承継には時間がかかり、また、企業価値が高いタイミングですることが重要です。円滑に手続きが進むようサポートいたします。

成功事例インタビュー

M&Aを選ばれた経営者は事業承継をいつごろ考え、どのような状況でM&Aを選択されたのか? 実際に、M&Aで事業承継問題を解決した経営者様にインタビューをしました。

成約事例

  • M&A事例:システム開発会社

    後継者不在と従業員の将来を考えM&Aによる事業承継を実施

    譲渡企業
    • 業種:ITソフトウェア
    • 売上:年商1〜5億円
    • 社長の年齢:70〜80歳
    • 譲渡理由:後継者不在
    譲受企業
    • 業種:ITソフトウェア
    • 売上:非公開
    • 上場:未上場
    • 譲受目的:事業拡大
  • M&A事例:建設設計業

    無借金経営の優良企業 従業員の未来のことを考え株式譲渡を実施

    譲渡企業
    • 業種:設計事務所
    • 売上:約1億
    • 社長の年齢:70歳
    • 譲渡理由:後継者不在
    譲受企業
    • 業種:リフォーム業
    • 売上:約25億
    • 上場:未上場
    • 譲受目的:事業拡大
  • M&A事例:建設業

    官公庁から指名をもらう建設業 有資格者の従業員のことを考え事業譲渡を実施

    譲渡企業
    • 業種:建設業
    • 売上:約1億
    • 社長の年齢:45歳
    • 譲渡理由:先行き不安
    譲受企業
    • 業種:建設業
    • 売上:約10億
    • 上場:未上場
    • 譲受目的:事業拡大

M&Aコンサルタント紹介

三木 武人

株式会社リクルート 次世代事業開発室
事業責任者

三木 武人(ミキ タケヒト)

略歴
京都大学工学部電気電子工学科卒業後、大手ファクトリー・オートメーション総合メーカーに入社。様々な業界のクライアントに対して、コンサルティングセールスを行う。2014年から株式会社リクルートキャリアに入社し、上場企業から中堅・中小企業に至るまで様々な業種・業態の中途採用を支援。日々の業務の中で、企業の「事業承継問題」が増加していることを認識し、「オーナー社長のための事業承継総合センター」を立ち上げ、事業責任者に就任。累計400件超のM&A案件に関与。

元由 直樹

株式会社リクルート 次世代事業開発室
プロダクトオーナー

元由 直樹(モトヨシ ナオキ)

略歴
慶應義塾大学理工学部卒業後、大手ファクトリー・オートメーション総合メーカーに入社。モノづくりの現場におけるファクトリーオートメーションを提案。2014年から株式会社リクルートキャリアに入社。金融機関やコンサルティングファームを中心に、クライアントが抱える採用課題を解決。社内の新規事業提案制度において、グランプリを獲得。2017年4月以降、株式会社リクルートが提供する「オーナー社長のための事業承継総合センター」におけるディールマネージャーとして全案件に携わり、多数のM&Aを成約に導く。

宮里 達樹

株式会社リクルート 次世代事業開発室
M&Aコンサルタント

宮里 達樹(ミヤザト タツキ)

略歴
成蹊大学文学部国際文化学科卒。アメリカ・ドイツへの海外留学から帰国し、大手銀行に入行。様々な業種・規模の法人・個人顧客の新規開拓業務、融資業務に従事。2019年からリクルートへ入社し、「オーナー社長のための事業承継総合センター」のM&Aコンサルタントに就任。金融機関での経験を活かし、事業承継で困っている会社のサポートをしたいという想いを胸に活動。入社から5か月でM&A案件を成約し、地域・地方の中堅・中小企業のM&Aサポートに尽力する。

事業承継の第一歩としての、
自社株評価/企業価値診断

事業承継の第一歩には様々な考え方がありますが、事業承継総合センターでは、親族内承継時に必要な「自社株評価」と、親族外承継・M&A時に必要な「M&A時の企業価値評価(バリュエーション)」両評価を行うことが重要だと考えております。

お知らせ

お知らせ一覧

事業承継に関する記事

事業承継に関する記事を
もっと見る

よくあるご質問

赤字、もしくは債務超過の会社でも対応可能でしょうか?
難易度は相当高いですが、場合によっては対応が可能なケースもあります。
特に、売上げが高い場合や債務が少ない場合、特殊な技術や商圏がある場合、大手企業との取引がある場合などは、可能性があります。
加齢に加えて、病気等も重なり会社の今後について悩んでいます。親族内や親族外承継含めて、幅広く相談してもよいのでしょうか?
はい、是非ご相談ください。リクルートは、リクルートグループの関連会社で、後継者斡旋や様々なサービスを提供しているため、グループ全体の力でお力添えをさせて頂ければと思います。
どのようにM&A仲介会社を選べばよいのでしょうか?
M&A仲介会社によって、買手案件の保有数・得意地域や業界・アドバイザーの経験などが異なります。弊社は、全国各地のM&A仲介会社と提携していますので、貴社と相性が良いと思われるM&A仲介会社をご紹介させていただきます。
知っている会社とのM&Aであれば、M&A仲介会社や専門家に依頼する必要はありませんか?
経験豊富な仲介者が不可欠だと思われます。もちろん当事者同士の交渉も可能ですが、M&Aの実務では、税務・法務・労務など広範囲に専門的な知識が必要です。また、知っている会社同士では、お互いに遠慮して細かい交渉ができなかったり、知識不足によって必要な交渉がなされていなかったりすることで、M&A後にトラブルが多発して結局ケンカ別れしてしまうケースがよくあります。知っている会社同士であれば尚更、経験豊かな専門家のアドバイスに沿ってM&Aを進められた方が安心と考えます。
「事業承継総合センター」で、他の仲介会社に依頼をすると料金が高くなるのではないのでしょうか?
弊社が売主様に対して、追加の料金設定をすることはありません。
*理由:弊社は、提携会社様が行う業務の1つである、お客様の相談に乗るという業務の代替をさせて頂き、実際のM&A業務は提携会社様に行っていただくという役割分担を行っているからです。役割分担に応じた手数料を提携会社様から頂いているので、弊社が売主様に対して、追加の料金設定をすることはありません。
売却にはどれくらいの時間がかかるのでしょうか?
案件によりますが、半年~1年程度かかるケースが多いです。もちろん、期日が決まっている等スピードを重要視される場合は、スピード感を持って対応させて頂きます。ただし、どれだけ早くてもご相談から2~3か月はかかることが多いので、なるべく余裕をもって相談頂けると幸いです。

その他のご質問

ご相談・着手金は無料です

後継者探し
事業承継総合センター
ご相談ください!

第三者承継のお手伝いをいたします。

まずは相談する 無料

お電話でのご相談

フリーコール

0120-15-7207

(FAX:03-5539-3514)

受付時間:平日10:00〜19:00