後継者探しのご相談はこちら

フリーコール

0120-15-7207

受付時間:平日10:00〜19:00

M&A用語集

M&Aでは、専門的な用語が数多く登場します。
M&Aの流れに沿って、各用語を解説していきます。

M&A用語

FA

(読み)えふえー

1.FAとは

ファイナンシャル・アドバイザーと呼ばれる専門のアドバイザーになります。M&A取引のプロセスマネジメントやコーディネーション、デューデリジェンス(DD)業務なども行います。弁護士や税理士、公認会計士などとの取次や案件のサポート業務にいたるまで、幅広い業務のアドバイスを提供する役割を担っています。一般的にFAは国内の大手証券会社や外資系投資銀行、大手監査法人やFAを専業とする独立系、銀行系などに分類されて、その属性によって強みが違ってきます。それぞれの特色を踏まえて、実績があり信頼のできる、案件に合ったFAを選ぶことが大切です。昨今ではFAを起用せず顧問弁護士や公認会計士に任せてしまうケースや、日本企業の中にはM&A専門部署などを置いて自ら交渉を行うこともあります。

2.FAを選任する一般的な手順

FAの選任の手順はM&A案件によって違います。例えば上場企業同士の場合は、大手証券会社や外資系投資銀行、監査法人や独立系のFAを選任します。また、中小企業の場合は銀行系やM&A仲介会社、監査法人など、クロスボーダー案件は独立系や外資系投資銀行などに依頼するケースが多いようです。まずは自社の案件に合うFA会社を選びコンタクトを取ります。その後FA会社の中から専任されたFAと共に買手企業は売手企業との交渉を始めます。弁護士や会計士などの専門家と意見交換したりと、交渉からクロージングまでのサポートを行います。通常はFAへの支払いは成功報酬だけでなく、着手金も必要になります。案件規模が大きく、難易度が高いほど報酬は高額になります。

3.FAの注意点

FAを選ぶ際の一番のポイントは、経験と実績です。案件の規模や内容によって得意とするFAを選定する必要があります。また、FAは成功報酬によって利益を得るため、案件成立のインセンティブも大きな影響を与えます。そのため、顧客とFAの利益が一致するとは限らないケースもあります。例えば交渉を進めていくうちに問題が発覚した場合に多少顧客が不利な条件でも案件成立に向けて顧客である買手企業を説得して成立させてくることもあります。案件を進める前に複数の経験豊富なFAと面談の上、信頼できるFAを選任することをおすすめします。

みどり合同税理士法人グループ・みどり未来パートナーズ監修

上記に記載のないご質問事項につきましては、お電話またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

買手リスト4000件

着手金0円・成果報酬

後継者探し
事業承継総合センター
ご相談ください!

第三者承継のお手伝いをいたします。

まずは相談する 無料

お電話でのご相談

フリーコール

0120-15-7207

(FAX:03-5539-3514)

受付時間:平日10:00〜19:00

※本サービスは、新規事業提案制度から生まれたサービスで、継続は一定の期間をもって判断されます。