後継者探しのご相談はこちら

フリーコール

0120-15-7207

受付時間:平日10:00〜19:00

M&A用語集

M&Aでは、専門的な用語が数多く登場します。
M&Aの流れに沿って、各用語を解説していきます。

M&A用語

レーマン方式

(読み)れーまんほうしき

1.レーマン方式とは

レーマン方式とは、M&A専門のアドバイザリー会社、M&A仲介会社、FAにおいて一般的に使われているM&A取引における成功報酬の体系であり、取引金額(移動した資産の価格など)に応じて報酬料率が逓減する仕組みになっています。

2.レーマン方式の一般的な計算手順

レーマン方式ではM&Aの取引額の大きさによってアドバイザーや仲介会社に支払う報酬が変わります。計算方法の一例としては、「5億以下の部分が5%、5億円超~10億円以下の部分が4%、10億円超~50億円以下の部分が3%、50億円超の部分が2%」などとなっています。取引額が10億円を超える場合は報酬も数千万円以上になることもあります。上場企業のM&Aなどでは報酬が1億円~数億円にも上ります。報酬の計算方法はM&A仲介会社やFAとの契約書に記載されているので確認する必要があります。M&A会社によってはれーマン方式を採用していない場合もありますのでホームページもしくは電話などであらかじめ問い合わせすると良いでしょう。その他にもコストがかからないかどうかも重要です。

3.レーマン方式の注意点

M&A仲介会社やFAがレーマン方式を採用している場合の注意点は、成功報酬の算出元となる取引額の計算方法になります。取引額とは株式価格+有利子負債=企業価値や株式価格+負債総額=移動総資産、もしくは株式譲渡対価など業者によって様々です。その上、成功報酬以外にも着手金や中間金がかかる場合もあります。その他にも調査費用や書類作成にかんする経費なども請求されることも考慮する必要があります。当初見積もりしていた額よりも大幅に上回るケースもあるため定期的にM&A仲介会社やFAに確認することも大切です。また案件の規模だけではなく難易度によっても報酬がかわり、一般的に難しく時間がかかる案件程高額になります。

みどり合同税理士法人グループ・みどり未来パートナーズ監修

上記に記載のないご質問事項につきましては、お電話またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

買手リスト6000件

着手金0円・成果報酬

後継者探し
事業承継総合センター
ご相談ください!

第三者承継のお手伝いをいたします。

まずは相談する 無料

お電話でのご相談

フリーコール

0120-15-7207

(FAX:03-5539-3514)

受付時間:平日10:00〜19:00

※本サービスは、新規事業提案制度から生まれたサービスで、継続は一定の期間をもって判断されます。