後継者探しのご相談はこちら

フリーコール

0120-15-7207

受付時間:平日10:00〜19:00

  1. M&A・事業承継なら事業承継総合センター
  2. M&A用語集
  3. LBO(レバレッジド・バイアウト)

M&A用語集

M&Aでは、専門的な用語が数多く登場します。
M&Aの流れに沿って、各用語を解説していきます。

M&A用語

LBO(レバレッジド・バイアウト)

(読み)えるびおー ればれっじど・ばいあうと

1.LBO(レバレッジド・バイアウト)とは

LBO(レバレッジド・バイアウト)とは、買収先企業の資産または将来のキャッシュフローを担保に、金融機関などから資金調達をして企業買収を行うことです。

2.LBO(レバレッジド・バイアウト)の一般的な手順

LBO(レバレッジド・バイアウト)は、買収資金を調達するために売手企業の将来性や資産、事業などを担保に資金を調達する方法です。一般的な手順としてはまず、買手企業が買収目的のために会社(SPC=特別目的会社)を設立します。SPCを通して銀行等の金融機関やメザニンファンドなどから資金を借り入れます。そしてSPCが売手企業に買収金額を支払い、買収対象会社の株式を取得します。その後SPCと買収会社を合併させて手続きを経ます。この際に調達した資金は実際はSPCの借金になりますが、買収対象会社が連帯保証人となるため、売手企業の借入ともなります。LBOは少ない資金でM&Aが行える方法になり、この方法で得た借入は通常の運営資金の借入と条件等が異なり、LBOローンと呼ばれています。

3.LBO(レバレッジド・バイアウト)の注意点

LBO(レバレッジド・バイアウト)は買手企業側が最小限の資金でM&Aの実行ができたり、買手企業のリスクが限定的であったり節税効果が期待できるなどのメリットがある反面、注意点もあります。LBOローンは通常のコーポレートローンと比較して金利が高かったり、借り入れ条件が厳しい場合も多いのが特徴です。さらに借入先の金融機関からの監視も厳しく、設備投資などを積極的に行うのが難しいこともあります。さらに買収対象会社のほぼ100%に近い資産を担保として差し出さなければならなかったり、担保設定を設けられたりと不利な条件を提示されることもあります。資金の充当順位もあらかじめ決められるため、配当などの受取はLBOローンを完済した後からの受取になる可能性もあります。

みどり合同税理士法人グループ・みどり未来パートナーズ監修

上記に記載のないご質問事項につきましては、お電話またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

買手リスト4000件

着手金0円・成果報酬

後継者探し
事業承継総合センター
ご相談ください!

第三者承継のお手伝いをいたします。

まずは相談する 無料

お電話でのご相談

フリーコール

0120-15-7207

(FAX:03-5539-3514)

受付時間:平日10:00〜19:00

※本サービスは、新規事業提案制度から生まれたサービスで、継続は一定の期間をもって判断されます。