後継者探しのご相談はこちら

フリーコール

0120-15-7207

受付時間:平日10:00〜19:00

M&A用語集

M&Aでは、専門的な用語が数多く登場します。
M&Aの流れに沿って、各用語を解説していきます。

M&A用語

ノンネーム

(読み)のんねーむ

1.ノンネームとは

ノンネーム(ノンネームシート)とは、譲渡対象となる会社名等を明かさない匿名ベースで、その概要を簡単に要約したもので、「一枚もの」ともいわれます。特定させないことが重要であるため、業種、地域、概算の規模等ポイントを絞って記載します。
買手候補が当該ノンネームに興味があれば、秘密保持契約を締結し、ネームクリアの段階に移ります。

2.ノンネームの一般的な手順

会社を売りたい場合、M&A仲介会社やアドバイザリーなど外部の業者を通じてM&A相手を探す場合に会社の情報を記載しているもので「ノンネームシート」とも呼ばれています。作成手順は、M&A仲介会社などM&Aを依頼した業者や専門家に作成を相談します。ノンネームの雛形がある場合はそれに沿って必要事項を記入していきます。主な項目としては売手企業の事業内容や業種、事業所の所在地や従業員数、売上高などの財務状況、希望の売却価格などある程度どのような会社かイメージできる情報になります。ノンネームシートを作成したら仲介会社は買手を募ります。匿名で情報を公開するため、広い範囲から売手を選べたりマッチングを短期間で行うことができます。

3.ノンネームの注意点

ノンネームは匿名ではあるものの、会社の情報を幅広い買手に情報を公開するため売手がばれるケースや情報漏えいのリスクもあります。仲介会社によって情報管理意識に違いがあるため信頼できる業者やアドバイザリーを選任する必要があります。会社を限定されないためにも会社が限定される特徴などは控えることも大切です。情報公開する会社を限定したり、ノンネームシートに記載する内容などはM&A仲介会社と相談して進めることがおすすめです。また、交渉の過程で会社名を公開した後に破談になる場合もあります。交渉中は企業秘密の情報なども開示することもありますので秘密保持契約を締結するまでは情報公開は十分に注意が必要です。

みどり合同税理士法人グループ・みどり未来パートナーズ監修

上記に記載のないご質問事項につきましては、お電話またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

買手リスト6000件

着手金0円・成果報酬

後継者探し
事業承継総合センター
ご相談ください!

第三者承継のお手伝いをいたします。

まずは相談する 無料

お電話でのご相談

フリーコール

0120-15-7207

(FAX:03-5539-3514)

受付時間:平日10:00〜19:00

※本サービスは、新規事業提案制度から生まれたサービスで、継続は一定の期間をもって判断されます。