後継者探しのご相談はこちら

フリーコール

0120-15-7207

受付時間:平日10:00〜19:00

M&A用語集

M&Aでは、専門的な用語が数多く登場します。
M&Aの流れに沿って、各用語を解説していきます。

M&A用語

着手金

(読み)ちゃくしゅきん

1.着手金とは

着手金とは、M&A仲介会社がM&A業務を遂行する前に、売手企業や買手企業がM&A仲介会社に支払う費用のことです。着手金の相場は会社の規模や難易度などに応じて決定されます。また、一般的に着手金は返金されない手数料になります。

2.着手金の一般的な手順

M&A業務を依頼する会社や内容などによって着手金の詳細は異なります。料金体系によっては着手金がない場合もあります。手順の流れとしては、まず費用全体の見積もりを依頼して、M&A業務委託契約書などの契約書を締結し、業務の内容やいつから業務を開始するかを決めます。着手金はこの時に発生することになり、振込もしくは送金します。着手金は、成果が思うような結果にならなくても返還してもらうことはできません。着手金の金額は案件の難易度や取扱う金額によって差があり、簡単なものほど安くなる傾向があります。場合によっては着手時だけの支払ではなく、業務の進捗に応じて、複数回に分けて支払うケースもあります。

3.着手金の注意点

着手金は基本的に、純粋に業務に着手してもらうための支払いですが、M&A成約時にかかる成果報酬手数料から着手金を控除する場合と、控除しない場合があります。また、着手金以外にも日当や交通費などの経費が発生する場合もあります。専任した専門家を途中で解任した場合でもこの着手金は戻ってきませんし、M&A業務の成果に関係なく支払うことになります。M&Aの着手金の相場は、案件や会社にもよりますが、数十万円~数百万円程度のようです。M&A仲介会社やアドバイザーの一部の会社には、着手金を獲得するためだけに、M&A契約を締結しようとする会社も存在します。そのため本当に着手金を支払う必要があるのかどうかを見極めることも重要になってきます。

みどり合同税理士法人グループ・みどり未来パートナーズ監修

上記に記載のないご質問事項につきましては、お電話またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

買手リスト4000件

着手金0円・成果報酬

後継者探し
事業承継総合センター
ご相談ください!

第三者承継のお手伝いをいたします。

まずは相談する 無料

お電話でのご相談

フリーコール

0120-15-7207

(FAX:03-5539-3514)

受付時間:平日10:00〜19:00

※本サービスは、新規事業提案制度から生まれたサービスで、継続は一定の期間をもって判断されます。