後継者探しのご相談はこちら

フリーコール

0120-15-7207

受付時間:平日10:00〜19:00

M&A用語集

M&Aでは、専門的な用語が数多く登場します。
M&Aの流れに沿って、各用語を解説していきます。

M&A用語

バリュエーション

(読み)ばりゅえーしょん

1.バリュエーションとは

バリュエーションとは、投資の価値計算や事業の経済性評価のことで、投資案件の実施の判断や、複数案件から最良な案件を選択するために行います。M&AなどではM&A時の譲渡金額である株式価値評価を指します。中小企業で用いられるバリュエーションで頻繁に用いられるのは、純資産法や類似業種比較法、DCF法などになります。

2.バリュエーションの一般的な手順

評価方法によって手順は異なりますが、例えば中小企業のバリュエーションで最もよく用いられる時価純資産法では、時価純資産と営業権をそれぞれ算出します。時価純資産は、簿価上の簿価純資産ではなく、時価の総資産から時価の総負債を差し引いた金額になります。また、営業権は様々な考え方がありますが、実質営業利益の数倍を乗じた金額を算出するケースが多いです。

3.バリュエーションの注意点

バリュエーションは、算定方法によって結果が大きく異なります。
また、M&Aの譲渡金額=バリューエーションではありません。
バリュエーション時の金額をもとに交渉が実施されますが、最終的に、M&Aの譲渡金額は買手企業と売手企業の交渉によって決まります。

みどり合同税理士法人グループ・みどり未来パートナーズ監修

上記に記載のないご質問事項につきましては、お電話またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

買手リスト6000件

着手金0円・成果報酬

後継者探し
事業承継総合センター
ご相談ください!

第三者承継のお手伝いをいたします。

まずは相談する 無料

お電話でのご相談

フリーコール

0120-15-7207

(FAX:03-5539-3514)

受付時間:平日10:00〜19:00

※本サービスは、新規事業提案制度から生まれたサービスで、継続は一定の期間をもって判断されます。