後継者探しのご相談はこちら

フリーコール

0120-15-7207

受付時間:平日10:00〜19:00

M&A用語集

M&Aでは、専門的な用語が数多く登場します。
M&Aの流れに沿って、各用語を解説していきます。

STEP.1

- 検討 -

M&A/親族内承継を
比較検討する

M&Aなど事業承継を具体的に検討するために、まずは事業承継の方法を検討しましょう。
親族内に承継する「親族内承継」、第三者に承継する「M&A」、従業員などへ承継する「親族外承継(MBO等)」と方法は多岐にわたります。それぞれの方法についてメリット・デメリットをしっかり検討していきましょう。
事業承継方法を検討していくうえで、いまの会社の企業価値や自社株評価額を算出し、考慮してみることも大切です。

STEP.2

- リサーチ -

M&A仲介会社/買手企業を
比較検討する

M&Aの流れは、M&Aの相手探しから始まります。自分の会社を最も評価してくれる買手企業はどこなのか、じっくり検討をします。M&Aは相手探しや条件調整など長い時間がかかることもあるので、M&Aは余裕をもった検討を進めていきましょう。
1つのM&A仲介会社だけに相談するのではなく、複数のM&A仲介会社に相談して比較検討をすることも、M&Aをうまく進めていくコツです。幅広い買手企業候補をリストアップしていきましょう。

STEP.3

- 実行 -

買手企業へのアプローチ

M&A仲介会社を選定し、買収を前向きに検討してくれそうな買手企業候補が見つかったら、秘密保持契約書を締結し、具体的に買手企業に対してアプローチを実行します。
そしてM&A仲介会社にアドバイスをもらいながら、条件に合いそうな候補先を絞り込んでいきましょう。

STEP.4

- 面談 -

買手企業との面談

具体的に買手企業候補から情報を求められた場合は、秘密保持契約を結び、実際に面談をして話します。通常は2~3回程度の面談を行います。
売手企業側と買手企業側の双方で話し合う貴重な機会で、M&A成功のための大切なステップになります。

STEP.5

- 交渉 -

基本合意、買収監査

デューデリジェンスなどの買手企業側の調査の結果、具体的に買手企業候補と契約を進めることになった場合は買手企業と条件交渉を進めていきます。各従業員の待遇や最終契約までのスケジュール、守秘義務や遵守事項について固めていきます。

STEP.6

- 契約 -

最終の条件交渉/最終契約

最終的なM&A実施のために買手企業と細かい条件部分まで詰めて検討していきます。そして最終的に買手企業と合意の取れた条件で、譲渡の内容や売却価格を記載した最終契約書を交わします。

買手リスト6000件

着手金0円・成果報酬

後継者探し
事業承継総合センター
ご相談ください!

第三者承継のお手伝いをいたします。

まずは相談する 無料

お電話でのご相談

フリーコール

0120-15-7207

(FAX:03-5539-3514)

受付時間:平日10:00〜19:00

※本サービスは、新規事業提案制度から生まれたサービスで、継続は一定の期間をもって判断されます。